出典:デジタル大辞泉(小学館)

イタリア中部、ローマの北西約140キロメートルにある都市。15世紀にローマ教皇ピウス2世がフィレンツェの建築家ベルナルド=ロッセリーノに依頼して生誕地コルシニャーノを改造。大聖堂、ピウス2世広場、ピッコローミニ宮殿などが建てられ、都市名もピエンツァと改められた。1996年に「ピエンツァ市街の歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録された。