出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ヒノキの細長い薄板を重ね、上端を糸で下端を要 (かなめ) で留めた扇。近世の板の数は、公卿は25枚、殿上人は23枚、女子は39枚。男子のものは白木のままとするが、女子のものは、大翳 (おおかざし) ・衵扇 (あこめおうぎ) ともいい、表裏ともに美しく彩色し、親骨に色糸を長く垂らして装飾とした。→

  1. アヤメ科の多年草。本州中部以西の山野に自生。剣形の葉が2列に互生し、扇形に広がる。夏、黄赤色で内側に多数の暗紅色の斑点をもつ6弁花を開く。実は秋に熟すと裂け、光沢のある黒い種子を現し、うばたま・ぬばたまとよばれる。からすおうぎ。 夏》