ひ‐がけ【日掛(け)】 の意味

  1. 毎日一定の額の金銭を積み立てること。また、その掛け金。
  • 名詞

ひ‐がけ【日掛(け)】の慣用句

  1. ひがけきんゆう【日掛(け)金融】
    • 金融業の一種。業者は少額の返済金の集金に自ら出向く代わりに、出資法の特例として上限金利を上回る54.75パーセントの金利を認められている。融資対象は主に小規模事業者。日賦(にっぷ)貸し金。