出典:デジタル大辞泉(小学館)

ツツジ科の常緑小低木。関東以西の山地の崖などに生え、葉は長楕円形で、枝先に集まって互生する。4、5月ごろ、淡黄色の鐘状の花が咲く。さわてらし。

[生物/植物名]カテゴリの言葉