出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、東北・北陸の港と江戸とを結んだ幹線航路。当初は津軽海峡を経て太平洋沿岸を南下し、銚子から川船で利根川江戸川を経て江戸に達したが、寛文11年(1671)河村瑞軒房総半島を迂回 (うかい) して直接江戸に入る航路を開いた。東廻り海運。→西廻り航路