出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《「びかしゃか」とも》言動が気どっていたり、すねたりして、嫌みのあるさま。
  • 「そばへ寄れば―と物言ふ間もない故に」〈浄・今宮の心中