出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 兜 (かぶと) の鉢の裏側に革または布を浮かせて張り、頭が直接兜に当たるのを防いだもの。浮裏 (うけうら) 。

  1. 襖 (ふすま) ・屏風 (びょうぶ) などを表装するときの下張りの一工程。骨にだけのりをつけて紙を張る。袋張り。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉