出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]
  1. 物事を素直に受け取らないで、曲げて考える。自分が不利なようにゆがめて考える。「じゃま者扱いされたと―・む」

  1. ゆがんだ考え方をする。考え方がまちがっている。

    1. 「取りはづして落窪といひたらむ、何か―・みたらむ」〈落窪・四〉

  1. 物の見方がかたよっている。偏屈な考え方をする。

    1. 「―・める心はさらにさも思はで」〈・須磨〉

  1. 正常な状態ではなくなる。もうろくする。

    1. 「母君の、あやしくなほ―・める人にて、世の常のありさまにもあらず」〈・若菜下〉

[動マ下二]事実に相違させる。ゆがめる。
    1. 「聞こし召し―・めたることなどや侍らむ」〈・若紫〉