出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ヤ下二]《「ひか(控)う」が中世以降ヤ行に転じて用いられた語。終止形は「控ゆる」となる》「控える」に同じ。
  • 「木影に―・ゆる程もなく」〈逍遥訳・自由太刀余波鋭鋒〉
「是を思ふに―・ゆれば一分弱し」〈浮・禁短気・五〉