出典:デジタル大辞泉(小学館)

生体にエオシン・スルファニルアミドなどの光を吸収する物質が取り込まれると、通常では障害を現さない強さの光でも炎症などが起こること。