出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)pāramitāの訳「到彼岸」から》

  1. 仏語。生死の迷いを河・海にたとえた、その向こう岸。悟りの境地をいう。⇔此岸 (しがん) 

  1. 彼岸会 (ひがんえ) 」の略。 春》

  1. 雑節の一。春分の日秋分の日をそれぞれ中日とする各7日間。春の彼岸と秋の彼岸。

  1. 向こうがわの岸。

    1. 「蛍は…スウと遠く―の葦間に消えた」〈木下尚江良人の自白

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

[地学/宇宙・天文]カテゴリの言葉

[春/時候]の季語

出典:青空文庫

出典:gooニュース