出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ下一][文]う・く[カ下二]
  1. 自分の方に向かってくるものを、支え止めたり、取って収めたりする。受け止める。受け取る。「ミットでボールを―・ける」「雨水を桶 (おけ) に―・ける」

  1. 差し出されたものを自分の方に取り入れる。手に収め入れる。もらう。「杯を―・ける」「賞を―・ける」「援助を―・ける」

  1. (享ける)他から与えられる。身に授かる。また、系統・血筋などを引く。「この世に生を―・けてこの方」「母方の血を―・けて文才がある」「寵愛を―・ける」

  1. (承ける)あとを継ぐ。受け継ぐ。「先代の跡を―・ける」「前任者の意を―・けて企画を発展させる」

  1. 自分に向けられた行為・働きかけに対処して応じる。引き受ける。受け入れる。「挑戦を―・けて立つ」「注文を―・ける」「真 (ま) に―・けてはいけない」「調査結果を―・けて是正する」「多発する事故を―・けて対策を講じる」

  1. 他からの働き・作用が身に加えられる。

    1. ㋐こうむる。「被害を―・ける」「嫌疑を―・ける」「ショックを―・ける」

    2. ㋑それに身をさらす。「頰に風を―・ける」「西日をまともに―・ける」

  1. ある方角に面している。「南を―・けた明るい部屋」

  1. 代金を払って取り戻す。「質ぐさの時計を―・ける」

  1. 文法で、文中において、ある語句が他の語句から文法的な働きをこうむる。修飾される。「係助詞『ぞ』を―・けて文末が連体形になる」

  1. 10 人気・好評を得る。「大衆に―・けた音楽」

  1. 11 俗に、おもしろく感じられる。笑える。「この漫画で、自分が特に―・た場面はこれだ」

出典:青空文庫

出典:gooニュース