出典:デジタル大辞泉(小学館)

長期間にわたり自宅や自室にこもり、社会的な活動に参加しない状態が続くこと。

[補説]周囲との摩擦によるストレス精神疾患によるもののほか、原因を特定できない場合もある。厚生労働省では、「さまざまな要因の結果として社会的参加(義務教育を含む就学、非常勤職を含む就労、家庭外での交遊など)を回避し、原則的には6か月以上にわたっておおむね家庭にとどまり続けている状態(他者と交わらない形での外出をしていてもよい)」と定義する。

[社会/社会関係の言葉]カテゴリの言葉