出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「響目 (ひびきめ) 」の略。射たときに音を響かせるところからいう。また、穴の形がの目に似ているからともいう》朴 (ほお) または桐 (きり) 製の大形の鏑 (かぶら) 。また、それをつけた矢。犬追物 (いぬおうもの) 笠懸 (かさがけ) など、射るものに傷をつけないために用いた。本体に数個の穴があり、射るとこの穴から風が入り音を発するところから妖魔を退散させるとも考えられた。