出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動カ五(四)]
  1. 物の端を持って手近の所に寄らせる。手前に引き寄せる。

    1. ㋐たぐり寄せる。「網を―・く」

    2. ㋑手前に動かす。「サイドブレーキを―・く」

    3. ㋒矢を射放つ。「弓を―・く」

    4. ㋓(根差したものを)抜き取る。「草を―・く」

    5. ㋔(勝運などを託して)一つを選んで手もとに取る。「くじを―・く」「花を―・く」

    6. ㋕除き去る。減ずる。「三から二を―・く」「一割―・いて安く売る」

    7. ㋖こっそり盗み去る。「猫に魚を―・かれた」

    8. ㋗(ふつう「弾く」と書く)弦楽器や鍵盤楽器を鳴らす。弾じる。「ピアノを―・く」

  1. 引き寄せ操って目ざす所に伴う。

    1. ㋐(引き綱を取って)連れ出す。「犬を―・いて散歩する」

    2. ㋑連行する。引き立てる。「警察に―・かれる」

    3. ㋒(手を取って)導き行く。「子供の手を―・く」

    4. ㋓(長い物が)地面などに触れたまま従い動く。引きずる。「裾が―・いている」「たもとを―・く」

    5. ㋔後ろに連結して運ぶ。「犬ぞりを―・く」「荷車を―・く」

    6. ㋕誘い込む。「客を―・く」「―・く手あまた」

    7. ㋖(「惹く」とも書く)人の注意や関心を向けさせる。「同情を―・く」「気を―・くしぐさ」「目を―・く広告」

    8. ㋗書物を繰って求める語を探し出す。「辞書を―・いて調べる」「電話帳を―・く」

    9. ㋘例としてあげる。引き合いに出す。「証拠を―・く」「故事を―・く」

    10. ㋙肩をもつ。ひいきにする。「派閥で―・いて三役に据える」

  1. 線状に伸ばし延べる。

    1. ㋐線で描く。また線を描く。「設計図を―・く」「罫 (けい) を―・く」

    2. ㋑張り広げる。「カーテンを―・く」

    3. ㋒塗り延べる。「油を―・く」「唇に紅を―・く」

    4. ㋓延べ広げる。「砂利を―・く」「なだらかな山裾を―・く」

    5. ㋔長く伸ばす。「声を―・いて歌う」

    6. ㋕糸状のものを生じさせる。「納豆が糸を―・く」

    7. ㋖特定の道筋を通じさせる。「バス路線を―・く」「ガスを―・く」「田に水を―・く」

    8. ㋗受け継いで伝わり及ぶ。「血筋を―・く」「学統を―・く」

    9. ㋘あとに余波が続く。「航跡を―・く」「わだかまりが尾を―・く」

    10. ㋙贈り物をする。

      「布施に馬を―・き給へりける」〈今鏡・七〉

  1. 出ているものを近づけ寄せる。

    1. ㋐自分の側に動かす。「あごを―・く」「右手を先に―・く」

    2. ㋑吸いつけようとする働きをもつ。「磁石は鉄を―・く」

    3. ㋒体内に吸い込む。「風邪を―・く」「大きく息を―・く」

    4. ㋓取りのけて後方にかたづける。「膳を―・く」

    5. ㋔後方に退かせる。「敗れて兵を―・く」

    6. ㋕(湯をくんで)浴びる。

      「御湯―・かせ奉る」〈平家・一〇〉

  1. (「退く」とも書く)出ているものが遠くへ去る。しりぞく。

    1. ㋐向こうへ離れる。「潮が―・く」

    2. ㋑元のような状態にもどる。「水が―・く」「熱が―・く」

    3. ㋒うせる。なくなる。「痛みが―・く」「血の気が―・く」

    4. ㋓縁を切る。関係を断つ。「事件から手を―・く」

    5. ㋔引退する。「現役を―・く」「舞台を―・く」

    6. ㋕(俗語)相手に関心や興味を持たなくなる。相手から気持ちが離れる。「これを口にすると女性が―・く」→どん引き

  1. 強く押し当てたものでこする。

    1. ㋐(ふつう「挽く」と書く)のこぎりや鉋 (かんな) で切ったり削ったりする。「のこを―・く」「ろくろで―・く」

    2. ㋑(ふつう「碾く」と書く)ひき臼 (うす) を回して穀類をすり砕く。「豆を―・く」

    3. ㋒(ふつう「轢く」と書く)車輪が人や動物を押しつけて通る。「自動車に―・かれる」

[可能]ひける
[動カ下二]ひける」の文語形。

出典:gooニュース

出典:青空文庫