出典:デジタル大辞泉(小学館)

Victoria Falls》アフリカ南部、ザンビアとジンバブエとの国境を流れるザンベジ川の上流にかかる滝。幅約1.7キロメートル、落差約120メートル。1855年にリビングストンが到達。滝の周辺はザンビア側のモシ‐オ‐トゥニャ国立公園、ジンバブエ側のビクトリア滝国立公園およびザンベジ国立公園に指定されている。1989年「モシ‐オ‐トゥニャ/ビクトリアの滝」の名で世界遺産(自然遺産)に登録された。「モシ‐オ‐トゥニャ」は、現地語で「雷鳴の轟 (とどろ) く水煙」の意。