出典:デジタル大辞泉(小学館)

つま先の高く上がった革製の浅沓 (あさぐつ) 。奈良時代に用いられ、のちに僧侶の専用となった。びこうぐつ。はなたかぐつ。