出典:デジタル大辞泉(小学館)

愛知県北西部にあった市。中心の起 (おこし) は美濃 (みの) 路の宿場町、木曽川の渡船場として栄えた。毛織物工業が盛ん。平成17年(2005)4月、木曽川町とともに一宮 (いちのみや) 市に編入。→一宮