出典:デジタル大辞泉(小学館)

《枕詞「久方の」がかかるところから》天・空・月などのこと。

「―の中に生ひたる里なれば光をのみぞ頼むべらなる」〈古今・雑下〉