出典:デジタル大辞泉(小学館)

源氏累代の鎧 (よろい) の一。千頭の牛の膝の皮で威 (おど) してあったという。平治の乱で紛失。
源氏累代の宝刀。源満仲が罪人の首とともに膝をも斬ったところからの名という。→蜘蛛切丸 (くもきりまる) 

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉

出典:gooニュース