ひ‐しお〔‐しほ〕【×醤/×醢】 の意味

  1. (醤)
  1. ㋐大豆と小麦で作った麹 (こうじ) に食塩水をまぜて造る味噌に似た食品。なめ味噌にしたり調味料にしたりする。ひしお味噌。
  1. ㋑醤油のもろみの、しぼる前のもの。
  1. (醢)魚・鳥などの肉の塩漬け。肉 (しし) びしお。

ひ‐しお〔‐しほ〕【×醤/×醢】の慣用句

  1. ひしおいり【醤煎り】
    • 魚・鳥の肉を小さく切り塩漬けしたものを、垂れ味噌を煮立てた中に入れて煮、湯引きした山芋を加えてユズの皮を添えた料理。
  1. ひしおす【醤酢】
    • ひしお1。また、ひしお1に酢を加えて酢味噌のようにしたもの。
      「―に蒜(ひる)(つ)き合(か)てて鯛願ふ我にな見えそ水葱の羹(あつもの)」〈・三八二九〉