出典:デジタル大辞泉(小学館)

[?~1694]江戸前期の浮世絵師。安房 (あわ) の人。俗称、吉兵衛。号、友竹。江戸に出て版本の挿絵・絵本を多く描き、独自の美人様式を確立。また、歌舞伎や吉原の風俗などを肉筆画として制作、浮世絵版画の開祖とされる。「見返り美人図」など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉