出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. 棒などで強く打ったり、太い物が一瞬に折れたりするさま。また、そのようにして鋭く音を立てるさま。「警策 (けいさく) で背中をびしっと打つ」「松の大枝がびしっと折れる」

  1. 非常に強い調子で物事をするさま。「びしっとしかる」

  1. 服装などにすきがないさま。「フォーマルウエアでびしっときめる」