出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. すきまなく密着するさま。しっかりと。ぴったりと。「―身を寄せる」「―抱きしめる」

  1. 深く心や身に感じるさま。「真心を―感じる」

  1. 強く押されて鳴るさま。

    1. 「ぬばたまの夜はすがらにこの床 (とこ) の―鳴るまで嘆きつるかも」〈・三二七〇〉

  1. すきまなく並ぶさま。ぎっしりと。びっしりと。

    1. 「庭にも―並みゐたり」〈平家・二〉

  1. ゆるみなく物事をするさま。しっかりと。

    1. 「―国治まり」〈愚管抄・三〉

  1. 力を入れて激しく動作をするさま。

    1. 「肩を―食ひたりければ」〈今昔・二七・四四〉