出典:デジタル大辞泉(小学館)

心筋中の細い血管が異常に収縮したり閉塞することで起こる狭心症女性ホルモンの分泌が低下する40代後半から50代の更年期の女性に多くみられる。過労・不眠・寒冷などをきっかけに胸痛の発作が起こる。治療は主に、冠動脈に狭窄 (きょうさく) がないことを確認したうえで、血管拡張作用のあるカルシウム拮抗薬が用いられる。