ひ‐しん【飛信】 の意味

  1. 急ぎの手紙。急信。
  1. 明治7年(1874)創設の公用速達便制度。各省・各府県など相互間で非常至急の書信を発するとき、継ぎ立てをして早く届くようにしたもの。大正6年(1917)廃止。