出典:デジタル大辞泉(小学館)

生体に広く分布するアミンの一種。ヒスチジンから合成され、普通は肥満細胞好塩基球などに不活性状態で存在。外傷や毒素などで活性化され、発赤・かゆみ・浮腫 (ふしゅ) ・痛みや気管支収縮などのアレルギー症状を起こす原因となる。