出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)《古くは「ひそう」》
  1. 人にはあまり見せずに大切にしまっておくこと。また、そのもの。「書画骨董を秘蔵する」

  1. 自分のもとから離さず、大切にかわいがり育てること。また、その人。「秘蔵の娘」

  1. その道の奥義として外部には出さない事柄。

    1. 「―の事なれども、執心深ければ教へん」〈仮・可笑記・二〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫