出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。無色界の第四天で、三界の最頂部。ここに生まれる者は粗雑な煩悩 (ぼんのう) がないから非想といい、微細な煩悩がまだ残っているから非非想という。仏教以外のインドの宗教では解脱 (げだつ) の境地とし、仏教ではなお生死 (しょうじ) の境地とする。有頂天。非想非非想処。非想天。