出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 月代 (さかやき) 」に同じ。

    1. 「―の跡もってのほかにさがりたれば」〈太平記・二一〉

  1. 《形が1に似るところから》常の御所や居間の壁などの中央に設けた小さな出入り口。上部を半月形にしてある。

    1. 「寝殿をさしのぞいて見れば、―あり」〈盛衰記・二〇〉