出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 二分したときの左側。また、左の組。

  1. 相撲 (すまい) の節 (せち) で、相撲人を左右に分けたときの左方。今の東方 (ひがしかた) 。

    1. 「―にも右の方にも負くる事なかりければ」〈今昔・二三・二三〉