出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 《文字の集まりの意から》文章。詩。

    1. 「流れを鑒 (み) て―を開き」〈懐風藻

  1. 硯 (すずり) のこと。〈易林本節用集〉