ひ‐づけ【日付】 の意味

  1. 文書などに、その作成・提出などの年月日を記すこと。また、その年月日。「領収書に日付を入れる」
  1. 暦に記された、年月日を表す数字。「午前零時を過ぎて日付が変わる」
  • 名詞

ひ‐づけ【日付】の慣用句

  1. ひづけごていきばらい【日付後定期払い】
    • 手形の支払い方法の一。振り出しの日付から、手形に記載された期間を経過した日を支払い期日とするもの。「日付後二か月」などと表示される。
  1. ひづけへんこうせん【日付変更線】
    • 世界各地の標準時のずれによって暦の日付に違いが生じないように取り決めた太平洋上の線。経度180度に沿って島や陸地を避けて設けられ、この線を西から東へ越えるときに1日遅らせ、東から西へ越えるときには1日進ませる。
  • ひ‐づけ【日付】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・屋根のトタンにも石にも一面に名前や日付が刻みつけてあります。

      寺田寅彦「先生への通信」