出典:デジタル大辞泉(小学館)

論理学で、判断の様相の一。主語と述語の関係が必然性をもつことを示す判断。「sは必ずpである」という形式をとる。→実然判断蓋然 (がいぜん) 判断

[宗教・思想/思想・哲学]カテゴリの言葉