あお‐や〔あを‐〕【青屋】 の意味

  1. 中世・近世、藍染めを業とした家。賤民 (せんみん) 視され、京都町奉行に属し、牢屋の監視や掃除なども勤めた。