出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. そうではないと打ち消すこと。また、非として認めないこと。「うわさを否定する」「暴力を否定する」⇔肯定

  1. 論理学で、ある命題の主語と述語の関係が成立しないこと。また、その関係を承認しないこと。⇔肯定

  1. ヘーゲル弁証法で、発展の契機の一。→否定の否定

  1. 文法で、打ち消しの語法のこと。

  1. 論理演算の一。入力と出力を逆にする演算のこと。入力が「真」または「1」ならば出力は「偽」または「0」となり、入力が「偽」または「0」ならば、出力は「真」または「1」となる。NOT (ノット) 。コンピューターでこのような演算を行う論理回路においては、電流が流れる場合を「真」、流れない場合を「偽」と対応させ、NOT回路などと呼ぶ。

出典:青空文庫

出典:gooニュース