出典:デジタル大辞泉(小学館)

古代、貧窮者・病者・孤児などの救済施設。養老7年(723)興福寺施薬院 (せやくいん) とともに置かれ、その後天平2年(730)光明皇后平城京に設置し、のち諸国の寺院などにも設けられるようになった。悲田所。