(ひと)と屏風(びょうぶ)は直(すぐ)には立たず の意味

  1. 屏風は折らなければ立たないように、人も道理に縛られず、適当に妥協しないと、世間を渡って行けない。