出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]ひとすじの霞。また、一面の霞。
    1. 「明石潟 (あかしがた) おき行く舟もかつ消えて―なる波の上かな」〈夫木・二〉

[副]
  1. 程度が深まるさま。ひとしお。

    1. 「今―心細うあはれにて」〈増鏡・久米のさら山〉

  1. 見渡す限りに広いさま。

    1. 「あの樋 (ひ) の口から向かうの松まで―譲りし上田」〈浄・振袖始〉