出典:デジタル大辞泉(小学館)

《後世「ひとぎ」とも》「ひつぎ」に同じ。

「―に伏して薨 (かむさ) りましぬ」〈仁徳紀〉