ひと‐ぎき【人聞き】 の意味

  1. 他人が聞くこと。他人が聞いていだく感じ。世間の聞こえ。外聞。「人聞きが悪い」
  • 名詞
  • ひと‐ぎき【人聞き】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 小野の小町 まあ、何と云う人聞きの悪い、手前勝手な理窟でしょう。

      芥川竜之介「二人小町」

    • ・・・沢本  瀬古の若様がひかえている間は大丈夫だが……とも子 人聞きの悪い……よしてください。

      有島武郎「ドモ又の死」

    • ・・・ 女房は手拭を掻い取ったが、目ぶちのあたりほんのりと、逆上せた耳にもつれかかる、おくれ毛を撫でながら、「厭な児だよ、また裾を、裾をッて、お引摺りのようで人聞きが悪いわね。

      泉鏡花「海異記」