出典:デジタル大辞泉(小学館)

2が原義》

  1. ほかの場合より程度が一段と増すこと。多く副詞的に用いる。いっそう。ひときわ。「苦戦の末の優勝だけに喜びも一入だ」「懐しさが一入つのる」

  1. 染め物を染め汁の中に1回つけること。

    1. 「―再入 (ふたしほ) の紅よりもなほ深し」〈太平記・三六〉

出典:青空文庫