出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]ひとどほ・し[ク]
  1. 人づきあいに慣れていない。人に親しまない。

    1. 「至って無口な、―・い少年であったが」〈蘆花思出の記

  1. 近くに人がいない。人けがない。

    1. 「御前の―・くのどやかなるをりは」〈・蛍〉