出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 人数が1であること。一個の人。いちにん。「―に一つずつ配る」「乗客の―」

  1. 仲間・相手がいなくて、その人だけであること。単独。「―で悩む」「―でいるのが好きだ」

  1. 他の人の助けを借りず、その人だけですること。独力。自力 (じりき) 。「―ではなに一つ満足にできない」「―で解決する」

  1. 配偶者のないこと。独身。「いまだに―でいる」

[副]
  1. 物事をその人だけでするさま。単独で。「―読書に励む」「―物思いにふける」

  1. 打消しの語を伴って、ある物事だけに限ったことではないという気持ちを表す。ただ。単に。「―現象にとどまらず、本質に迫るべきだ」

  1. ひとりでに。自然に。

    1. 「むつかしくもぢれたるもの、―さばくるといへり」〈三冊子・黒双紙〉