出典:デジタル大辞泉(小学館)

世阿弥の能楽論で、能の芸を自分のものとして体得しきった境地。また、その現れた形。⇔無主風

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉