う‐じょう〔‐ジヤウ〕【羽状】 の意味

  1. 鳥の羽のような形。
  • 名詞

う‐じょう〔‐ジヤウ〕【羽状】の慣用句

  1. うじょうふくよう【羽状複葉】
    • 植物の葉の形態で、小葉が葉軸の左右に羽状に並んでいるもの。フジなど先端にも小葉のつくものを奇数羽状複葉、ソラマメなどつかないものを偶数羽状複葉という。
  1. うじょうみゃく【羽状脈】
    • 葉の葉脈で、主脈から左右に側脈が出ているもの。