出典:デジタル大辞泉(小学館)

雛祭りに飾る人形。形代 (かたしろ) が起源ともいわれ、紙製のものが平安時代からみられる。江戸時代に入って布製で公家の正装姿の内裏雛 (だいりびな) が現れ、数段の雛段に三人官女五人囃子 (ばやし) 随身 (ずいじん) などとともに飾られるようになった。おひなさま。ひな。 春》

出典:青空文庫

出典:gooニュース