• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

あおやま〔あをやま〕【青山】 の意味

  • 名詞

あおやま〔あをやま〕【青山】の慣用句

  1. あおやまごうしょう【青山剛昌】
    • [1963~ ]漫画家。鳥取の生まれ。本名、剛昌(よしまさ)。少年向け漫画で人気を得る。作「まじっく快斗」「YAIBA(やいば)」「名探偵コナン」など。
  1. あおやましんじ【青山真治】
    • [1964~ ]映画監督・小説家。福岡の生まれ。「Helpless」で商業映画監督デビュー。「EUREKA(ユリイカ)」で国内外から評価を受ける。他に「レイクサイドマーダーケース」「サッドヴァケイション」など。また、自身の監督作品のノベライズなど、小説家としても活躍する。
  1. あおやますぎさく【青山杉作】
  1. あおやまただとし【青山忠俊】
    • [1578~1643]江戸初期の老中。武蔵岩槻城主。徳川秀忠に近侍し、のち家光の補導役となったが、諫言が勘気にふれて改易された。
  1. あおやまたねみち【青山胤通】
    • [1859~1917]医学者。岐阜の生まれ。東大教授。伝染病研究所長。癌(がん)研究会を設立。
  1. あおやまななえ【青山七恵】
    • [1983~ ]小説家。埼玉の生まれ。旅行会社に勤務するかたわら創作活動を続ける。筑波大学在学中に書いた「窓の灯」でデビュー。「ひとり日和」で芥川賞受賞。
  1. あおやまのぶゆき【青山延于】
    • [1776~1843]江戸後期の儒学者。水戸藩士。号、拙斎(せっさい)彰考館総裁として「大日本史」の編纂(へんさん)に従事。著「皇朝史略」など。
  1. あおやまぶんぺい【青山文平】
    • [1948~ ]小説家。神奈川の生まれ。出版社勤務を経て文筆活動に入る。「つまをめとらば」で直木賞受賞。他に「鬼はもとより」など。