出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ五(四)]

  1. 指先でつまんで回す。「スイッチを―・る」「コックを―・る」

  1. からだの一部をねじって向きを変える。「腰を―・る」「足首を―・って痛める」

  1. ねじって回したり、締めたりして殺す。「鶏 (とり) を―・る」

  1. つねる。「ほっぺを―・る」

  1. いろいろと悩みながら考えをめぐらす。「対策に頭を―・る」

  1. わざと変わった趣向や考案をする。「―・った問題を出す」

  1. 苦心して俳句や歌などを作る。「一句―・る」

  1. 簡単に負かす。かたづける。「相手投手に軽く―・られる」

  1. 金銭を紙に包む。「心付けを―・って渡す」

    1. 捩 (ねじ) る[用法]

[可能]ひねれる