出典:デジタル大辞泉(小学館)

白地に赤く日の丸を描いたのぼり。八幡船 (ばはんせん) や戦国の武将たちの旗印として用いられ、安政元年(1854)江戸幕府は日本船の印と定めた。